歯医者に行くのが憂鬱じゃなくなった!

自分が子どもだった頃、親に連れられて行く歯医者は恐怖でした。
なんで行かないといけないのか、ムシ歯ってこんな怖い思いしてまで治さなくちゃいけないものなのか?って思ったものです。

だから、全力で歯医者を拒否する息子の気持ちも解るのですが、それよりもあの時の母の気持ちがやっと解りました。
行く前から嫌がる、車の中から既に号泣、待合室で泣き叫ぶ、診察台で暴れる…ほとほと疲れるので、息子の歯医者の日はなるべく他の予定は入れません。

そのくらい気力と労力を駆使してた息子の歯医者ですが、最近はそんなこと無くなりました。
それは歯医者を替えたからで、主人の同僚のお子さんが通っている歯医者を紹介してもらったんです。
そのお子さんもかなりの歯医者嫌いだったそうですが、その江南市の歯医者はとても気に入ったそうで、今では泣くこともないんだって。

こないだその歯医者に初めて行って、最初はやっぱり泣いたんだけど、徐々に落ち着いて、優しいスタッフさんに最後は少し笑顔まで見せてました。
「これからこの歯医者だからね」って言うと、「まぁ、いいけど」なんてまんざらでもない様子なので、気に入ったのかもしれませんね!